タイの不動産

賃貸物件に関しては比較的探しやすい国です。

日系の不動産会社も数多くあるし、物件探しには困らないでしょう。

1万バーツ以下で賃貸物件も借りることができます。一般的に部屋を借りる際は家主と交渉。ほとんどの場合保証金が必要で通常、家賃の2か月~3か月分。それと1ケ月分の前家賃が必要。基本的に保証金は退去時に全額戻ってきます。またタイでは賃貸住宅家賃の税(VAT)は家賃に含まれている場合が一般的です。また不動産会社に仲介手数料を支払う必要がないのも日本と違う特徴です。バンコクだと日本人のためのサービスも充実していて住みやすいです。物価も比較的に安いので、日本で同じサービスを受けると高くなるようなことも、安価な値段で受けることができます。就職した企業によっては住居を借り上げてくれる場合や、住宅提供をされている場合も数多くあります。現在一般的に日系企業で働く方や、駐在員の方は企業側が負担するため、10万円以上の外国人用高級コンドミニアムやサービスアパートメントに居住するケース。各種サービスとキッチン完備の高級アパートメントホテル等。もちろん現地採用で現地企業に就職しても普通に借りることもできます。サービス内容は物件により異なり、ホテルやコンドミニアムの一部をサービスアパートメントとして運営している場合もあります。メイドさん付きで家賃は15000バーツから。

日本人が数多く住むスクンビット・エリアは3万バーツ前後~10万バーツ。このようなスタイルの物件はほとんどプール付きです。格安物件もありますが、治安や安全面を考えるとある程度のお金を出して良い物件に住む事をおすすめします。

そしてタイはここ10年で国民1人当たりのGDPは約2倍に成長しています。すなわち中間所得層の増加がめまぐるしく、東南アジアではシンガポール並みの安定と経済成長率といえます。

だから不動産投資もさかんです。最大の理由はタイで不動産を購入する最大のメリットは、固定資産税と相続税という税金が存在しないということです。

現在は所得水準よりみて、タイはASEAN諸国の中では、先進国に位置しますが、世界的に判断すると発展途上国と先進国の間に位置する中進国となり ます。2015年にはASEAN統合による経済自由化により、隣国の後進国発展がハブとなるタイの成長を支えることが予想されます。 タイの主要都市では一般インフラはほぼ整備済みですが、タイ全土で見た道路交通網、鉄道交通網の整備はこれからです。だからこそ不動産投資は今後も熱をおびる国といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です