タイでの面接

海外で就職する場合の一番の課題はやはり言語の問題があります。タイ語ができれば一番問題はないのですが、大企業の現地法人などになると、英語は必須です。現地の言葉ができなくても英語ができれば、ほぼ大丈夫とも言えます。まれに日本語しかできなくても、採用してくれる会社もあるにはあります。最近は飲食店のあいつぐタイ出店もあり、日本語で採用という会社も多数あります。

海外就職で一番のハードルは現地で面接を受けるか、日本国内で面接が可能かということになります。国内で受けれれば諸経費もかからないし問題ないのですが、就職希望国で面接を受ける場合は、往復の航空運賃と滞在費が必要となってきます。その点はタイのバンコクへは日本国内より数多くの飛行機便が離発着しているし、LCCという格安航空会社も就航しているので欧米などでの就職活動よりは移動費は安くすむといえます。この他には面接を日本国内でしてくれる場合があります。その方法のひとつが、Skypeや国際電話での面接。これは一次面接に使われることが多いのですが、Skype面接だけで内定が出ることもまれにあります。しかし、内定後は現地に行かないといけないです。さらに、面接担当者か現地法人の社長が日本に来る際に、面接を受ける機会もあります。業種や企業にもよりますが、三次面接くらいまでが一般的な流れです。

一番重要になるのは面接の際に「なぜタイなのか」という動機付けです。
タイ人と結婚されていらっしゃる方や、現地在住の方は特別な理由はないですが、単身で渡泰される方や配偶者が日本人の方は必ずタイの会社を志望した動機が重要になるし、面接時に必ず聞かれるポイントです。次に職務経歴やスキルは採用側も非常に重要視します。そして自分の強みと弱み。何ができるかは最重要点です。成果主義のお国柄なのでまずは即戦力とみなされるかが大事なポイントです。言語は英語ができれば問題ないですが、ネイティブ並みに喋れなくても大丈夫です。タイ語でコミュニケーションがとれたら職場では円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。採用されるためには、面接官を納得させるだけのしっかりした理由を自分なりに考えて面接にはのぞんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です