タイでのキャリアアップ

タイでキャリアアップするとはどういうことでしょうか?

タイは完全能力主義。結果が出せなければ、即不要人材になります。しかし結果が出せれば、若くても経験がなくても、年齢が高齢でも採用されキャリアアップできる可能性があります。また、日本では中小企業で働いている方でも、日本で言う大手上場企業に就職する可能性もあります。そのため、日本ではできなかった、希望の就職先にもタイでは就職できる可能性があります。現在日本人の求人に対して募集が足りていません。タイ語ができなくても暮らしやすさや、仕事への適応能力が比較的にゆるやかなタイは海外で働く最初の入り口として入りやすい国といえます。職種は様々ですが、とくにIT業界や製造業で技術者のニーズが高いです。日本の高い技術力をもった人材は言葉ができなくても欲しい、といった企業もたくさんあります。日本以上の待遇が用意されるケースもあります。

最近ではシンガポールのコスト面の高さからタイへコールセンターをうつすケースが多く、コールセンターのSVへのキャリアアップをめざす求人もおおくなってきました。海外では『まずチャレンジすること』が大切です。

応募した企業への就職へすぐに面接へ行けるか。そこが海外でのキャリアップのチャンスを掴むか逃すかの分かれ目です。ひと昔に比べ、海外就職の壁は低くなっています。進路に迷っている方は日本の中だけで悩まないで、もっと視野を広げてみてもよいのではないでしょうか?日本にいたら年齢の壁、経験の壁、スキルの壁。それこそ壁だらけ。そこから抜けてキャリアを積んで次のステップを考えるほうが、悩んでゆきづまるよりも可能性は広がるのではないでしょうか。アジアは一つの気持ちでぜひ海外就職を目指して、キャリアップの挑戦をして欲しいです。日本のグローバル化のかけ声だけが、虚しくも聞こえる日本の仕事環境。本当のグローバル化は日本人も海外で働き、また外国人も日本で働いてお互いが人種や言葉、習慣の壁を越えてともに仕事を通して成長し、協力しあうことが、本物のグローバルとえいるのではないでしょうか。真のグローバル人材になるためにも、海外で働いたノウハウを日本に持ちかえり、次世代の育成につないでいって下さい。それが仕事をとおしての真のキャリアップといえるでしょう。

ブログを読んで少しでも海外(タイ)で働こうと考えてくれたならば、まずは人材紹介会社への登録から始めてみるのも良いかと思います。

タイの求人サイト・人材紹介会社
キャリアリンクアジア
http://kyujin.careerlink.asia/

タイジョブエージンンシー
http://www.thaijobagency.com

タイで就職が決まったら

晴れて現地就職が決まったら、まずは情報収集からはじめましょう。またタイ国の歴史、地理や文化。習慣、国民性など勉強は必須。外国人がその国に滞在するのだから相手国をよく理解し、敬意をはらうためにも常識として最低限の知識を習得していきましょう。住居への引越し準備、業者の手配、部屋を借りる、国際運転免許の取得、予防接種、日本の携帯電話の解約、現地の携帯の取得など細々したことがあります。まずは住居に関しては、日系企業で就職すると会社が用意している場合も多く自分で探し必要はさほどないといえます。

また個人で探す場合は、タイは邦人相手の不動産業者も多く、特に心配ないといえます。生活面以外で手続きしていた方がよいのは住民票です。タイでも他国でもそうですが海外で就職をする場合、住民票は基本的に抜いて大丈夫です。住民票を抜くということは「日本国に住んでいない」という意味になりますが、戸籍がなくなるわけではありません。海外転出届を出した場合は前年度収入に課税される市民税の支払いは免除されます。もちろん海外滞在期間の市民税の支払い義務はありません。住民票を抜いたら、保険と年金は国民年金は住民票にリンクしているため、住民票を抜くと国民保険は利用できなくなり、国民年金の支払いは任意になります。住民票を抜くことによって国民保険の利用ができなくなりますが、海外で会社に雇用される場合、ほとんどの場合はその会社が国民保険の代わりとなる保険を現地で負担してくれるようになります。保険は日本で入っている保険を見直した方がよいかも。とにかく、突発的な事故などに困らないようにしておくことが重要です。現地ビザさえあれば、現地の保険に加入することができます。備えあれば憂い無し。日本ではないのでしっかりとした準備が必要です。

タイでの面接

海外で就職する場合の一番の課題はやはり言語の問題があります。タイ語ができれば一番問題はないのですが、大企業の現地法人などになると、英語は必須です。現地の言葉ができなくても英語ができれば、ほぼ大丈夫とも言えます。まれに日本語しかできなくても、採用してくれる会社もあるにはあります。最近は飲食店のあいつぐタイ出店もあり、日本語で採用という会社も多数あります。

海外就職で一番のハードルは現地で面接を受けるか、日本国内で面接が可能かということになります。国内で受けれれば諸経費もかからないし問題ないのですが、就職希望国で面接を受ける場合は、往復の航空運賃と滞在費が必要となってきます。その点はタイのバンコクへは日本国内より数多くの飛行機便が離発着しているし、LCCという格安航空会社も就航しているので欧米などでの就職活動よりは移動費は安くすむといえます。この他には面接を日本国内でしてくれる場合があります。その方法のひとつが、Skypeや国際電話での面接。これは一次面接に使われることが多いのですが、Skype面接だけで内定が出ることもまれにあります。しかし、内定後は現地に行かないといけないです。さらに、面接担当者か現地法人の社長が日本に来る際に、面接を受ける機会もあります。業種や企業にもよりますが、三次面接くらいまでが一般的な流れです。

一番重要になるのは面接の際に「なぜタイなのか」という動機付けです。
タイ人と結婚されていらっしゃる方や、現地在住の方は特別な理由はないですが、単身で渡泰される方や配偶者が日本人の方は必ずタイの会社を志望した動機が重要になるし、面接時に必ず聞かれるポイントです。次に職務経歴やスキルは採用側も非常に重要視します。そして自分の強みと弱み。何ができるかは最重要点です。成果主義のお国柄なのでまずは即戦力とみなされるかが大事なポイントです。言語は英語ができれば問題ないですが、ネイティブ並みに喋れなくても大丈夫です。タイ語でコミュニケーションがとれたら職場では円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。採用されるためには、面接官を納得させるだけのしっかりした理由を自分なりに考えて面接にはのぞんで下さい。